スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小国川 鮭釣り 2015

今年度は単独出撃ではなく、リョウ、タク、雄の3人で挑むことに。
長野支部、栃木支部のリョウ、タクが来る一足お先に現場に到着。

霧がすごくて晴れの天気予報はどうなっているんだという…
ここに来るまでの道のりも霧が酷くて運転しにくかったのだが。

DSC_1720.jpg

朝も早うから漁協の方々が何やらガサゴソやっている。
鮭を捕獲して採寸しているみたいだ…

DSC_1722.jpg

おお、小国川の鮭は今年も見事だ!

DSC_1724.jpg

外道も立派なサイズ(笑)

DSC_1721.jpg


そうこうしているうちに受付時間。
装備を整え受付を済ます。

リョウ、タクはまだ来ない、何を余裕こいてるんだ、始まっちまうぞ?
8:30開始なのだが、二人は8:15くらいに到着、遅刻はしなかったな(笑)

そして調査捕獲開始。

我々は決して遊びや酔狂で釣っているのではない。
あくまで漁協の釣獲調査に協力しているのである、これぞ漢の仕事である!(笑)

最初のヒットはタク2連発!
スレがかりだったが、30分もしないで2匹は楽しいな。

20151106212510350.jpg

リョウと雄は中々結果が出ない、回りが次々釣り上げる中、じわじわ焦りの色…
ここで下流域に移動。

下流域は昨年と違ってだいぶ浅くなっている。
水深が半分以下だ、鮭も散っていて狙う場所が難しい、これはやりにくい。

リョウ、タク、は再度上流域(鮭止付近)へ移動。
雄は下流域で粘る。

その間にリョウはメスを上げたようだ。

20151106212903162.jpg

そして下流域でサラーさんと粘る雄。
新しい群れが上がってきたらしく、午後に入って連続ヒット!

DSC_1729.jpg

オス2、メス2の釣果。
オスは82cm、背びれへのスレがかりで凄まじいパワーを発揮。

下流まで50mほど歩かされた。
ラインは20lbなのに止めきれなかった、なんというトルク。

15分あまりのファイトで腕がカクカクになってしまい、その後の残り1時間ほどをルーズに過ごす。
正直これ以上かかっても身の処理に困る、という話もあるのだが…


14:30、調査終了。
結果、リョウ:1、タク4、雄4、となった。

鮭の血抜きと下処理を終えて、計量とアンケート、調査完了である。
この日の夜はキャンプ予定なので、食材を買い出しにコンビニなどを周り、キャンプ場へ入る。

DSC_1733.jpg

今日のメニューは山形名物「芋煮」(雄)。
なかなか好評で嬉しかった。

DSC_1737.jpg

ド定番、鮭のチャンチャン焼き。
川に上った鮭でも、濃い味付けと副菜を添えればそれなりに食べられる。

DSC_1738.jpg

これもド定番、朝のコーヒー。

DSC_1740.jpg

そして昨夜の芋煮の残りにうどんを入れて芋にうどん。
カレーも入れるかと2人に聞いたが、却下された、オリジナルの味が気に入ってもらえたようだ。


昼近くに移動を開始し、若鮎温泉に入る。
温泉施設で鮎を食す。

DSC_1743.jpg

鮎は渓魚の中でも一番好きだな、個人的には。
自分では釣らないのだが…

DSC_1744.jpg

お次は村山市の蕎麦屋にて「でわかおり」の新そば十割をいただく。
これも二人に気に入ってもらえたようだ、山形人としては嬉しい限りだ。


道の駅でお土産を買って解散。
遠方からの遠征組に釣ってもらえてよかった。

長野や栃木から来てボーズじゃ、さすがにキツいからね(-_-;)
ガイドとしてはイマイチだったけど、結果オーライ(笑)

来季の再訪を祈って解散!

スポンサーサイト

2015年 小国川 鮭有効利用調査

行って参りました!
山形県最上郡舟形町 小国川!

栃木支部のタクと合流し、東北自動車道を北上。

新庄に前泊し、翌日に備える為に鋭気を養う。






翌朝、雄と合流。
受付を済まして調査開始!



調査は8:30から14:30まで。
まったく活動しておらず、大物との闘い方も忘れている上、
限られた時間の中で結果を出さねばならない。

スタートして即、タクが立て続けにゲット!
雌に見えるが腹を裂いたら雄であった一匹目と産卵を終えた雌。


私はというと12時過ぎまでバトルなし、
アタリすらなし。

隣でガンガンかけていたマスターにコツを教えて頂き、
スプーンの下にさらに仕掛け針を垂らすシステムに変更。

するとガツン!と来ました!

流れに走られ、激闘すること5分。
タクにアシストランディングしてもらいゲット!


70cm雌!
これまでにない強さの引き味。



2008年に地元信濃川水系で捕ったワイルドレインボー以上の引き味。


<2008 ワイルドレインボー 捕獲者リョウ>

バトル自体は一人で闘ったワイルドレインボーのほうが時間を要したが、パワーは尻尾にスレかかりであったこともあり、白鮭に軍配が上がる。

その後も何度か闘うもラインブレイクで捕れず。

結果、リョウ1、タク4、雄4の計9匹という結果に。







愛用のBuck#110 フォールディングハンター
で血抜き処理を施す。

堅牢な造りの#110なら首の骨の切断も朝飯前。


夜は当然のキャンプ。

テント村を作り、夕飯の準備に取りかかる。



芋煮を作る雄。



産卵済みの雌は捌いてチャンチャン焼きに。



久々の夜営で酒が進みすぎて困る。



翌日は芋煮の残りにうどんを入れて締め。

初めて山形県名物の芋煮を味わったが、
醤油ベースの味付けは癖になりそう。


キャンプアウトし、温泉を堪能。



昼飯はざるそばならぬ板蕎麦を頂き、
山形空港を見学して帰路に着いた。





来年も絶対行くぜ!

鮭冬葉(サケトバ)作り 雄@ナイフメーカー

10月に釣った鮭を冷凍しておいて、12月や1月に鮭冬葉にします。
理由は簡単、気温が低くて腐敗しないのと、カビやハエの危険がほぼ無いからです。

まずは鮭を解凍、細切りに切ってある状態です。

DSC_0395.jpg

DSC_0398.jpg

そして秘伝のタレ(?)に浸けこむこと一晩。

DSC_0400.jpg

あとは2週間弱干します。

DSC_0405.jpg

仕上げにナラのスモークウッドで冷薫したら完成。

DSC_0338.jpg

いい色に仕上がりました!

DSC_0342.jpg

酒の肴に最高ですね~

獲って食う、コレ、ブレイブハートの基本ですから!

小国川鮭釣り2014 雄@ナイフメーカー

今年も行って参りました。

DSC_0151.jpg

記録も更新しました。
オス84cm、メス74cmです。

DSC_0157.jpg

P1030110.jpg

最終的な釣果はオス2、メス2でした。

P1030116.jpg

漁協による計測。

P1030117.jpg

皆さん釣りまくりましたね~

P1030118.jpg

ご一緒したサラーさん、ネットを作ってくれたMattさん、漁協関係者の方々、清流小国川、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

生きてます

ブレイブハート リーダーのリョウです。


忙しくてキャンプも海も川も山も釣りも狩りもダッチオーブンも車中泊もなんにもしておりません。

出来てるのは生きる為に必要な薪ストーブの焚き付け作りくらいかな。



春先から6月くらまでは放置林や自治体から要請を受けて整備され、伐採した木をトラックで運ぶ作業を頑張っておりました。




運び、チェーンソーで輪切りし、割る。

愛用のハンドアックスの出番はこの時点ではほとんど出番はない。

ある程度割ったら枝の解体でやっとハンドアックスの出番。

本当はキャンプで使いまくり、下記画像のように煙で燻されて黒光りするように仕上げたいが、まだまだこの域には遠いな……。

| NEXT≫

プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。