FC2ブログ

春の幸!! ノビル!!

今日は休日。

1月から職種が変わり(戻り?)、座り仕事がメイン。

深刻な運動不足です。

昨年ほど釣りにも行けてないし山にも入ってない。

海でも川でも全然泳いでない。
※それでも普通の人の5倍は野外で遊んでるけど。

ハルが風邪なので朝から釣りも行けず。

悶々と家でゴロゴロしているとユウが下校。
ハルは妻と病院へ薬をもらいに外出。

私:「散歩に行くぞ!」
ユウ:「じゃあノビルポイントでも行く?」

下校途中のあぜ道にノビルの群生地があるとは前々から聞いていた。

では散歩がてらノビル狩りに行くとしますか!

F1000411.jpg

自宅から歩くこと5分。

草っぱらの中にノビルがちらほらと生えているエリアがあった。

私:「なんでここにノビルがあるとわかったの?」

ユウ:「おいら、見たことない草はなんでも匂いを嗅いでみるんだ」
    「お父さんが採ってきた時に見たことがあるような気がしたからちぎって
     匂いを嗅いでみたんだ。そしたらノビルだったんだ!!」


たしかに野外を歩いているとよく匂いを嗅いでいる様をみる。

素晴らしい!すでにBrave’Menバリではないか!パダワン!
そのLLビーンのアウトドアロングブーツ(長靴)は伊達ではない!

F1000409.jpg

イモ掘りナイフ ※通称山菜ナイフとか山菜スコップと呼ばれる。
で、ノビル周りの土を掘り返す。できるだけ葉茎の太い、青々した
大物を探し、イモ掘りナイフを入れる。

F1000408.jpg

土を浮かせたら葉を持って軽く持ち上げる。
すると根株周りの土ごとボッこりとれるので、その中から
球根の大きな物だけを採取して行く。
小さな球根の物はそのまま戻して土をかぶせる。

F1000410.jpg

直径8mmあれば採取してよし。
土を払い、根髭を取って試しに一株食べてみる。
野趣あふれる野生の風味だ!

ノビルはウドと同じく、採ってすぐに生食できる数少ない野草だ。
毒草であるヒガンバナ科のタマスダレと葉が酷使しているので要注意。
誤って食すと吐き気がし、多量に摂取すると死亡する場合もあるとの事で
注意が必要だ! ※私は実際に見たことはありません。


F1000407.jpg

花が咲いていれば見分けるのは難しくない。
不安であればユウと同じく匂いを嗅いでみる事だ。

ノビル特有のネギやニンニクのような匂いがないのですぐわかるはず。

キノコと同じく、不安であれば採らない、食べないのが鉄則。

家に戻ったら土を洗い流し、根髭を取る。

F1000406.jpg

根髭ってのは球根の先から伸びている細かい根っこの事です。
また、葉のほうも黄色く変色しかけている葉や枯れている部分をもぎ棄てる。

F1000405.jpg

そのままでも食えるが子供たちにも多少食べさせたい(風邪を予防する)
ので湯がいてから食べる事に。山葵と同じく、醤油漬けにしてもおいしい。

F1000404.jpg

湯がくのは30~50秒でいい。
湯がきすぎると風味が抜けすぎて美味しくない。
サッと湯でたら冷水でしめる。そばとおんなじです。

しめたら下記画像のように葉をクルクル巻いておく。
こうすると食べやすい。

F1000403.jpg

お好みで酢味噌や、柚子味噌をつけて食べる。

当然だが湯でないで生が一番風味や辛みを堪能できる。
湯がいた分だけ風味や辛みが抜けるが、その分子供たちは食べやすくなる。

F1000402.jpg

ネギ系は食べると風邪を予防するという事で有名ゆえ、
ハルにも2株は食べさせる。※味噌だけ舐めて戻してたが。

GW明けにはタラノ芽やコシアブラ、ハリギリ、ウド、ココミ、ゼンマイ、
山椒、山葵とメジャー級山菜群が摘みごろになるだろう!

今年も5月中旬から6月中までは忙しそうだ!!


ワイルドキャンパー@リョウ



スポンサーサイト



秋の幸!!キノコ狩り!!

浅間山麓へパダワンを伴いキノコ狩りへ。

このあたりで最もポピュラーなのがこれ。

リコボウ

F1000271.jpg

カラマツが生える周辺にてよくみつかる。

アミタケの一種で慣れればすぐに判別できる。

なめこ系のようにヌメリがあるため、味噌汁や大根おろしと
一緒にお浸しが美味。

F1000270.jpg

パダワン達には一人前になるまでは独学で採取する事を禁ずる。

と、いっても長男はキノコの類が大っきらいゆえ心配ない。


母の知人がうどんなどに入れると美味と言っていたらしいので
本日はすいとんリコボウ汁にて味わうことに。


まずはヌメリ、汚れをサッと落とし、キノコの下処理を行う。
F1000269.jpg


Brave’menたるもの、家庭でもナイフテクニックを磨くべく
包丁なんて物は使わない(ウソ)

これからキャンプや釣り、山菜狩りなどに手を出そうとしているので
あれば、Buckの#110買っといて損はありませんよ!
※アフェリエイトではありません。


適当な大きさに切り、炒める。
F1000268.jpg


甘みを出すために長ネギ、玉ねぎをスライスする。
※母は#110の切れ味に驚愕していました。
F1000265.jpg


味付けは醤油・酒のみ。
F1000266.jpg


味を調えて味をみながらネギを加えて煮込む。
F1000264.jpg


キノコの味が染み出て、玉ねぎの甘みが出てきたら小麦粉で
すいとんを作り、キノコ汁に投入。

F1000263.jpg


すいとんに火が通ったら完成。
F1000262.jpg


お好みで七味唐辛子やゆず胡椒などでいただく。


キノコを食べていると秋の大地を食っていると思える。
今年も大地の恵みに感謝!!

Brave’Menたるものトラウトだけでなく秋の幸、海の幸となんでも
精通し、それを食す技と知識を身につけねばならない。

まだまだ修行の日々は続く・・・・・・

リョウ@渓流ハンター





【山の幸】ネマガリダケ!

24日に休みをもらったので、県内の1,600m級の山にタケノコ獲りに行ってきました。
自身、この時期は忙しく過ぎて数年ぶりの「タケノコ」獲り。

タケノコといっても、皆さんのイメージされる「孟宗筍」とはチョット違う。
「ネマガリダケ」(ササ筍・姫筍など呼び名もあります。)
アク抜き不要でとっても美味しいんですよ♪

ワラビ&ネマガリダケ

筍獲りに行ったのですが、高原の一面にワラビが出まくり。
ワラビ狩りのバスツアーができそう(苦笑)

ワラビについては程ほどに、笹薮に突入しネマガリダケを・・

妻と二人で、400本くらいで終了。
虫に食われたものを大まかに選別し、帰路につきました。

ねまがりだけ

帰宅し、リョウの家などおすそ分け。
皮むきを子供と一緒に共同作業。これが大変なんです。。

たけのこ

夜には、「タケノコご飯」「タケノコ汁」「焼タケノコ」と楽しみました!!
旨かった~♪
翌日は、テンプラも楽みました。
ご馳走さま~!!

2009/06/16 本年度2回目の山葵狩り

遠征の前々日、現地での刺身や白米を美味しくいただくために沢山葵を取りに藪渓へ。

釣りや食糧採取を目的とした入渓でないのであれば、
写真中上のような狩猟刀ではなく下の片刃の腰鉈が一番だ。

F1000159.jpg

穴も掘れるし、強固に絡み合った蔦の切断にも片刃の鋭い食い込み
が大活躍だ。山に行くなら鉈は必須です。

重いけどいざという時に頼りになるサバイバルツールです。
敬遠せずに持って行きましょう。


今回も親父、母、妻の四人で山を登る。前回の浅間山のような林道ではなく、
文字通り藪を突き進む。沢に添って急斜面を登る。

時折、足をとられるぬかるみや滑る箇所があるので注意が必要だ。

F1000157.jpg


山葵原生地へ到着。一面葉の伸びた山葵。時折、蕗も混じる。

いつも通り、砂利と土の境に生えた大物を狙う。

F1000156.jpg


葉や茎も醤油漬け用に摘んでいく。

妻も両親も、大自然の恵みに感動し、楽しみながら摘んでいる。

F1000155.jpg BIG1を探す妻。


必要分の蕗と山葵を採取して下山。

F1000154.jpg休憩する両親。


2009夏遠征が楽しみだ!


トラウトハンター@リョウ 絵文字名を入力してください

2009/06/01 浅間山麓山菜狩り

今年最後の春山菜摘みへ。

子供たちを学校、幼稚園に送り出した後に浅間山麓へ。

今回のメンバーは父・母・妻・私の4名。


父は北海道。
トラウトマスター絵文字名を入力してくださいである内祖父とともに海釣りや湖での経験多数あり。



母は日光。外祖父とともに山に入り、山菜摘みの経験あり。



妻は富山。元・立山黒部アルペンルートスタッフ。山慣れしている。



このように3人とも、普通の人よりは山に対する耐性が強く、問題ない。



10:00、車止めより入山。

F1000139.jpg

営林所の林道を登っていく。
ここは4月後半~5月前半にくるとタラの芽、ハリギリ、コシアブラといったウコギ類の宝庫。
ほか、コゴミや山椒、ゼンマイなども採取可能。
ほかにもいろいろと食べれる山菜があるのだろうが、知識不足で手がだせない。

6月にここに入るのは初めて。
ウドくらいしかないだろう・・・・

と思って入山したが、まさにウドの山!

F1000138.jpg


というかウドしかない。
もういいよってぐらい顔を出している。

タラの芽やコシアブラは伸びきっていて採取不可。
山の東側まで行けばまた成長具合が違うので、期待していたのだが・・・・


昼食中に幼稚園より着信がある事に気づく。

折り返してみると・・・・・・・・


先生 : 「ハルちゃん、熱が38度ありますっ!」

仕方がないので急ピッチで下山する事に。
摘みながら現在地まで到達するのに2時間半。

急げば1時間はかからないで車止めまでいけるだろう。


F1000137.jpg


今回は私一人ではないのでずっと写真のような林道を登ってきたが、
いつもであれば急な斜面を登りながら山菜を採取し、寄り道しながら登っていく。

行きは急勾配かつ足場が悪い上り、加えて藪漕ぎまずこの3人では厳しい。


が、下りであれば我が家族であれば問題なさそうだ。


案の定、ショートカットで急な斜面を下るが我が父母妻にはまったくもって問題なかった。

ただし!不慣れな集団などは道から外れてショートカットなんて事はしないように!

方向感覚も狂うし、コンパスや地図もなしに、不慣れな山中を突っ切るなど
自殺行為以外のなにものでもない。


ショートカットのおかげで急ピッチ45分で車止めに到着。

幼稚園へ向かって車を走らせる・・・・・・

が、、、、


全然熱なんてねぇじゃねぇか!!


おおかた、走り回り散々飛び回った後に強制捕獲され、体温を測ったに違いない・・・・・


夕方、錆びた腰鉈と手斧の錆落としをして、休日を終えた。

F1000136.jpg



ウドは牛肉巻き、煮物とおいしくいただきました。


トラウトハンター@リョウ 絵文字名を入力してください

| NEXT≫

プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア