FC2ブログ

薪ストーバーへの道

焚火が好きな男が最後に辿りつく究極の玩具・・・・・・

それは薪ストーブだ!

なんせ家に居ながら焚き火料理が楽しめ、火のユラメキを堪能できるのだ!

インドアにしてアウトドア料理も楽しめる!!

フィールドに出ずとも楽しめるガーデンアウトドア究極の進化系と言える。

そんなストーブを所有する我が家を持つ男を薪ストーバーと言う。

我が家を所有し、暖炉(ストーブ)を所持する財力と、野外で鍛えた
焚き火術、調理技術を合わせ持つアウトドアマン。

それが真の薪ストーバーではないだろうか??

我が父も薪ストーバーにjobチェンジするべく着々と準備を進めている。

そこで今年度の誕生日プレゼントはストーバーギアを送る事に。

まずはストーバーアクティビティの基本である薪割り用具、

F1000212.jpg

シュウも所有しているフルターフォッシュ製の【スレッジ】だ!

このモデルは斧としても鎚(ハンマー)としても使用できるようデザインされている。
※リンク参照

食い込みやすいように刃先から一気に身幅が厚くなり、ズガンっ!
と割れるよう設計されている。

F1000213.jpg【上、スレッジ 下、和斧】

私の14年来の和斧(7年間くらい裏庭に放置)は蛤刃と言える
膨らみを持ち、食いこみを防止し乾いた薪のみをカパっと割れるよう
設計されている。標準和名?は木割りだ。

F1000214.jpgとある達人ストーバーのHPによると、慣れれば和斧が一番との事だ。

昔はよく、この木割りで立ち枯れの伐採や薪割りを行い、キャンプで
楽しんだ。父がストーバーにjobチェンジした際にはこの和斧も
また役に立つ日がくるであろう。


斧の選び方、使い方はこちら

↑メーカー違うけどね。

F1000215.jpg【上、スレッジ 下、和斧】

第2のストーバアクティビティは暖炉料理。
そこで肘まである皮製のストーバークッキンググローブをプレゼント。

ストーブが本格稼働しはじめればオヤジ殿もダッチオーブンの腕前
がメキメキと上達していくのではあるまいか??

料理バリエーションも増えていくであろう。

焚火に必須である焚きつけ作りは下記手斧と腰鉈を使用。

F1000136.jpg

薪作りは新兵器【スレッジ】と私の和斧。

なにかと退屈な冬も今年からは楽しめそうだ!


トラウトハンター@リョウ 

≪PREV |

プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア