FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009鮭釣り遠征!

レポーター シュウ

日本人なら誰でも知っている魚「鮭」。鮭の一生について学校で学んだり、TVで見た人も多いことだろう。なんと今回この鮭を釣る機会があり、行って参りました。
事の始まりはBHメンバーの雄さんからであり、山形県寒河江川鮭有効利用という名目の調査捕獲が行われるというものであった。今回参加可能なのは、俺と雄さんのみであり、早速エントリー。1日あたり50名までということで、参加希望が募集人数を越えた場合抽選になるということであったが、幸いにも二人揃って当選出来た。開催より約1ヶ月前のお話。

10/16
当選から1ヶ月。開催前日に山形に到着し、雄さんと合流。まずは現地を視察することに。
jvm1017_20091021023933.jpg ここに鮭が来るのか・・・
現地の寒河江川に到着。川幅はかなり広く、水深はかなり浅いようだ。既に現地では最上川第二漁業協同組合員の方々が、明日に向けて準備をしている。
jvm1018.jpg 鮭止めね
調査に当たって鮭がいなけりゃ話にならぬってことで、端から端まで鮭止めでがっちり足止めするようだ。到着しして暫く川を眺めていると至る所で水しぶきが上がっており、どうやら鮭が頑張って遡上中の様だ。生で初めて見る鮭の遡上に暫し感動する。よくぞここまでやってきたものだ・・・。
まあ明日釣っちまうんですがね。
と、組合員の方が何やら大き目のコンテナを持ってきておもむろに蓋を開けると・・・。
jvm1019_20091021024037.jpg in the サーモン
うぉ!あまりにも唐突で二人そろってびっくり。でかい。どう見ても70オーバー確実のオス2匹。
jvm1020_20091021024037.jpg ごつい・・・
まさに成熟したオスだ。完璧な婚姻色・しゃくれまくった鼻&顎・凶悪な牙と正にパーフェクトだね。この鮭、なんで捕らわれたのかというと、なんと明日料理して参加者に振舞って下さるそうである。実に楽しみだ。
jvm1022_20091021024037.jpg 投網で捕まえた
この後さらに2匹のオスを捕らえ、あっという間に鮭の切り身に果変えられていった。捌くスピードが凄まじく、1匹あたり2分かかっていない。俺がその域に達するのはいつのことやら。
jvm1000_20091021023737.jpg
現地の下見を終え、車で10分ほど移動し本日のキャンプ地へ。今回は明日の釣りが本番となる故、なるべく近くで待機する方針で。
jvm1024_20091021024143.jpg 飯準備中
jvm1025_20091021024143.jpg 飯の準備その2
昼間はかなり暖かくて心地良かったんだが、日が落ちるとガンガン気温が下がっていく。素で寒いっす。
jvm1027_20091021024142.jpg 焼肉パーティーだ!
今回は雄さんが上等な肉を仕入れてくれたので、これがメインだ。寒空の下焚き火がありがたい。
jvm1026_20091021024143.jpg 日光の地酒
ならばこちらは日光市の地酒を持参しましょう。熱燗うめぇぞ。うまい肉を食い、程よく酔って明日に向け就寝。
10/17
翌朝5時に起床。予想以上に寒くて夜中に何度か起きながらもしっかり休めた。
jvm1002_20091021023737.jpg 朝飯
時間が無いので、今回はレトルトの豚汁とおにぎり。バーナーで湯を沸かしたんだが、寒くてかなり時間かかった。カセットバーナーは手軽だが、この時期以降は少々パワー不足かもしれんな。
jvm1029.jpg
現地に到着。既に参加者(名目上「調査員」です)が大勢来ている。受付にて登録を済ませて・・・。
jvm1031_20091021024242.jpg イイ感じだね
やや!昨日の切り身だ!すげーいい絵だね。調査後に頂けるとのことですよ。
さて、今回の調査にはルールがあり、具体的には以下のようになる。
・調査時間 6:30~11:30
・調査方法 ルアー・フライ・餌釣りのいずれか
・捕獲対象 シロザケ(オスは2匹まで持ち帰ってもよいが全て計量する。メスは漁協にて管理)
ということになるが、もしサクラマスなんかが釣れたらもって帰ってもいいらしい。
それでは調査開始!
まずは鮭止めから近いところにスタンバイし、スプーン+タコベイトをキャストしていく。
jvm1002 (2) 新兵器です
周りをみると、既にファイトに入っている人もいるようだ。中でも餌釣りが面白そうだった。7~10mほどもある竿が大きな弧を描き、体全体を使って鮭と渡り合う。すごい絵になると思う。ちらっと見た感じ、タコベイトに魚の切り身の様な物が付いていた。やってみてぇ・・・。
それにしても、この状況は今までとは一味違うね。
jvm1004_20091021023737.jpg
すぐそばに鮭がいるんですよ?! わりと頻繁に! 
突然水しぶきを上げて逃げると素でビビルよ!

と、その時!
jvm1032_20091021024242.jpg キター!
雄さんにヒット&ファイト! 9フィートの竿がしなりドラグが鳴る!12ポンドのラインが切られんばかりの勢いで下流に走る鮭!
この場所でのファイトは厳しくなり、雄さんも鮭を追い下流へと駆けていく。
その後ろをタモを担いで追いかける俺(もはや釣りしてる余裕無し)。置いてかないでくれぇ!
状況を察し道を空けて下さった皆様に感謝致します。
この後ヒットしたところから50mぐらい走らされました。どんだけすげーんだよ!
jvm1033_20091021024242.jpg まさに激闘!
15分にも渡る長期戦の末、ようやく近くまで来たぞ!
jvm1034.jpg もう少しじゃあ!
足元近くまで来たところを狙ってタモを繰り出す!
jvm1036.jpg 勝ったー!
シロザケ@74cm確保!
やりましたー!今までの釣りの中でも一番の死闘であったと雄さんは語ります。
jvm1037_20091021024405.jpg いい顔だぜ・・・
どうやら今回は口で食ったようではなく、スレでの格闘でした。
jvm1035_20091021024242.jpg
どうやら背びれに掛かった様です。鮭下流・スレ掛り(背びれ)という悪条件での勝負でお見事です!
jvm1038_20091021024405.jpg ぶらぼー!
ナイスファイトでした!
それから約30分後に、今度は俺にヒット!ついにキタ!
竿がしなりアドレナリン全開でリールを巻く。
jvm1040.jpg イヤッフ~ゥ
64cmのメスでした! 雄さんと違ってこちらが下流にいた為思いのほか苦労しませんでした。
jvm1041.jpg しっかり食ってますよ
オスに比べるとかわいい顔してますね。タコベイト大活躍!
jvm1007_20091021023822.jpg たまんねぇ
とにかく1匹釣れて良かった。が、後ほど回収される定めにあるので、是非オスがほしい。
この後、近くいたベテランのおじ様の話を聞くと口で食ってくるのはメスばかりみたいである。その人の釣ったオスもやはりスレで釣れたとの事だ。
今回は探せば見つけられる状態のため、見つけたら近くにルアーを投げ込むのがベストとのこと。ギャング針ならイチコロですぜぇ!(もちろんルール違反です!)
この後更にルアーを投げまくること1時間。
jvm1042_20091021024502.jpg
俺2匹目
またメスだ! 楽しめたからよいが、尻尾が少々ゾンビ化しつつあるな。今回もれそれほど苦労せず。
jvm1043.jpg
雄さんにも2匹目が!
こちらもメスでした。今回は尾に掛かり、先ほどのオスに比べれば楽だった様です。
jvm1044_20091021024502.jpg
ポイント移動の為連行中
ここまでで計4匹。当初は釣ったそばから計量するものだと思ってたのですが、規定本数に達するまでは続けて釣りをしてもよいとのことでした。あと釣れる本数は、俺はオス×2、雄さんオス1・メス1となる。チャンスはまだある!
場所を変えて第2ラウンドとなったものの、午前9時を回ると状況が厳しくなってきた。当然いるところには鮭がいるのだが、なかなか釣れなくなってきたのである。我々だけでなく、周りも同様。
結局のところ、お互い2回のファイトになったが無念のバラシ。雄さんの内1匹はおそらくオスででかかったと思われる。無常にもタイムオーバー。
jvm1009_20091021023822.jpg 計量へGo!
jvm1010_20091021023822.jpg
釣り上げた鮭は全て体長・重量を計測される。雄さんのオス鮭は正式に計ると74.5cmでした!
残念なことに俺は1匹も持って帰れないのか・・・。と思っていたら、
「卵産んだ後の雌なら持って行ってもいいよ」というありがたいお言葉が!
jvm1045_20091021024502.jpg 大漁じゃい!
というわけで、雄さん2匹・俺1匹のお持ち帰りです! ありがたや~。
俺の1匹目は卵持ちだったので回収。新たな稚魚誕生に貢献してくれますように。
jvm1046.jpg ウグイが追加されてる・・・
受付に戻るとかまどの鮭も減っており、我々も頂きました。切り身を日本酒と醤油のタレに漬け込み焼いたそうです。うまかったですよ~。海でも試してみたい。この後調査のアンケートをして無事終了。
釣った数0とかじゃなくてよかった。
組合員の方に本日のNo1を訊ねると、なんと雄さんのオスが最大サイズだったそうです!
お見事です!
jvm1047.jpg 解体たーいむ
さて、雄さんの家に戻り持ち帰った鮭を捌きます。これだけの大物は久しいのう。
jvm1048.jpg たまらんね!
その前に記念撮影。感無量だ。
jvm1049.jpg 愛刀カーショウで挑戦
まずは俺から。フィッシングモデルのナイフとはいえこのサイズになるときついぞ。つるつるすべるので苦戦。中骨があまりにも硬く、刃が薄いカーショウでの切断はきつい為、一部出刃包丁に交代。
jvm1051.jpg
続いて雄さん。俺と違って要領良く捌いていく。
jvm1053_20091021024605.jpg 完璧すぎ!
まさに鮭の切り身!日本のみんなが見慣れた姿に変身。
jvm1054_20091021024652.jpg 手際が素晴らしい・・・
雄さんのお父様にも捌いていただきました。早いだけでなく、中骨に無駄な肉を残さない。
jvm1055.jpg 一刀両断
兜割のコツも教えてもらえました。上あごのど真ん中に刃を当て、包丁の背を下あごに当てながら「てこ」の原理でストンと割るそうです。
jvm1000_20091023035208.jpg
文字通り真っ二つに!いつも〆るのにナイフ立てる所に脳が。
jvm1014_20091021023933.jpg
早速挑戦。鮭のあごを見極めるのだ・・・。
jvm1015_20091021023933.jpg でけた!
むほ! 1発で決まると気持ちいいぞ。大変勉強になりました。
これで兜焼きも思うがままだ!
jvm1060.jpg ちゃんちゃん焼き
この後夕食で鮭をいただいた。メスを使用しましたが、実にうまい。バターとの相性バッチリ!
jvm1058.jpg 山形名物芋煮
そして、雄さんのお母様が芋煮をご馳走して下さいました!!!
牛肉・里芋・ネギのいい旨味たっぷりの最高の味だぁ。
たまんねぇっす!ありがとうございました!

以上が今回の釣行の記録となりました。現地での遡上や鮭とのファイト等、どれを取ってもスケールが大きく、非常に心に残る遠征であった。
来年も是非!!!!!

シュウ@水中カメラマン
スポンサーサイト

この記事へのコメント

: 2009/10/23 (金) 16:37:56

お疲れ様でした。
来年の秋遠征は鮭釣りになるそうですので(リョウさん談)皆にもこのダイナミックさを味わってもらえますね。
フィールドはどこになるのかな、鬼怒川とか…いずれにしても楽しみです。

2009の淡水大魚賞は目下俺かw
あの環境なら誰でも大物ゲットできるけどねw

っと、その前に秋遠征の装備考えなきゃ。
あの日の夜は寒かったッスね、10月でこれじゃ、11月末の東古屋はさぞ極寒だろうて。

P.S.
青白のスプーン一個俺のタックルケースに入りっぱなしですんで、11月に渡しますね。
あとタコベイト一個買っていきます。

この記事にトラックバック貼りました。
良かったら俺のエントリーにもよろしくです。
http://nc23inside.blog2.fc2.com/blog-entry-424.html

リョウ : 2009/10/23 (金) 22:17:58

あ、二人ともおつかれ!

初の鮭遠征でTeamとして結果がだせてよかった。

TOP絵用の写真をメールで送ってほしい。

トラックバック、やり方がわかりません。

: 2009/10/24 (土) 00:47:32

写真、シュウさんにCD焼いて渡してありますのでシュウさんお願いします。
候補がいくつかあるけど。

トラックバックですが、記事編集のときに、トラックバックのところに
http://nc23inside.blog2.fc2.com/tb.php/424-dc9e3e9d
を入力して投稿すれば完了です。

シュウ : 2009/10/24 (土) 02:24:53

>雄さん
いやはや当日はお疲れ様でした。あの死闘はそばで見てても楽しかったですよ。スプーンの事すっかり忘れてました。よろしくお願いしまっす。
ほんとに夜寒かったから、どうにかせねば・・・。

>リョウ
まったくもって、充実した遠征だったよ。あの状況で、そろって坊主だったら泣けるね。写真おくったよ。

GEN : 2009/10/27 (火) 09:52:06

楽しめたようでなによりでした。
母なる故郷、しかも寒河江川にあんなに遡上してくるなんて、凄すぎるわ。
二人とも、良いファイトが楽しめて、良かったですね。東古屋湖楽しみにしてるよ。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。