FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブライフ!【玉割り】

我が家では薪で持ってきてもらうより玉で持ってきてもらったほうが嬉しい。

なぜなら薪割りは相手が硬く、強く、割りづらいほど燃える!

以前より立ち枯れの大木や流木をキンディングアックスや鉈でバラして
キャンプの薪としてきた当チームでは強敵ほど腕がなるってもんだ。

IMAGE017_20100108213349.jpg 切りたての玉。

玉を割り始める前に、まずは薪棚の整理から。

以前は伐採して2年くらいたった薪を運んでもらったので、
これから割り、乾燥させる棚と来年使う棚と分ける。

IMAGE003_20100108213210.jpg

流れ作業でこれから乾燥組とすでに乾燥組に分ける。

IMAGE002_20100108213210.jpg ←すでに乾燥組

分別が終わったらいよいよ玉割りだ!

IMAGE005_20100108213210.jpg まずはシュウがスレッジで挑む。

IMAGE004_20100108213210.jpg

これまで、幾多の流木と戦ったBraveMen’sだけあり、
腰入れ、膝の抜き方はまずまず。

だが、まだまだ遠心力を腕で殺してしまっているようだ。

IMAGE016_20100108213349.jpg

節がないストレートな幹は比較的簡単に割れる。

が、下記画像のような節だらけの玉や枝分かれの部分は強敵だ。

IMAGE012_20100108213349.jpg

こういった玉は跳ね返されるか食いこんで抜けなくなるか。

IMAGE013_20100108215509.jpg

伐採したてという事もあり、スレッジも和斧も文字通り刃が立たない。

スレッジをクサビとし、木槌で打ち込むも跳ね返される。

私はスレッジよりも長年愛用してきた和斧のほうが慣れている。
長い柄を活かして打ち込んでいたその時!

嫌な音とともに和斧が逝った・・・・・

柄を当ててしまったわけではない。

寿命だったのだ。

IMAGE010_20100108213349.jpg 節だらけの強敵と戦い、散った和斧。

これはいよいよクサビを購入せねばなるまい!

という事で近所の暖炉屋へ赴き、クサビを購入。


スレッジと同じハルターフォース製のクサビだ。

これを打ち込むが為に我が家の薪割りはスレッジを選択したのだ。

IMAGE024_20100108213543.jpg

が、打ち込みによるクラックが入っていない玉に打ち込んでも
食われるだけで割れる気配がない。おまけに吹雪いてきたので
本日の玉割りは終了。ぬくぬくの室内に撤収し、昼食をとった。

IMAGE026_20100108213542.jpg

ウィンナー焼きは薪ストーブの基本。

IMAGE028.jpg


【翌日】


さぁ、今日こそはあの節だらけの玉をやっつける!

IMAGE029.jpg

和斧が逝った今、私もスレッジで挑まねばなるまい。

IMAGE041_20100108215146.jpg

表面に亀裂が入るのみで中に亀裂が入らない。

だから割れないのだ。

まずは身体を温める為に節なしの玉から始める。

スレッジを振るシュウを見ていて何が悪いのかを見極める。

少なからず武術の心得もある私はある事に気がついた。

IMAGE038.jpg 
シュウのフィニッシュ。



IMAGE039.jpg
私のフィニッシュ

違いは柄を持つ両腕の幅である。

シュウはスイングからインパクトまで柄を握る手の位置が変わらない。

対して私はスイング中から斧頭の重心をスピードに乗せ、
インパクト時に最大限の威力を引き出せるよう、右手を左手にスライドさせる。

たったこれだけの違いでその威力は全然違うのだ。

これは流派は明かせないが剣術の技術のひとつにもある技術である。

スレッジのコツをつかんでくると、和斧よりも圧倒的なパワーを引き出せる。
総合的に見れば和斧だが、刃が立たない強敵の時はやはり洋斧となる。


強敵だった節あり玉も徐々に周りを削がれていく。

IMAGE043_20100108213719.jpg

繊維が湾曲し、上からの打ち込みに対して強力な抵抗力を見せるが一度
クラックがはいればこちらのもの。力技でバラしていく。

ある程度片付いてきたとこで和斧の古い柄を外す。
こちらも近日中に復活させる所存。今度はケヤキ色に塗ってみようかな。

IMAGE020_20100108213543.jpg

まだ枝別れの強敵が数本残っているが、残りはキョンが帰省してくるまで
残しておこう。けっしてサボリ心ではなく、この楽しさをキョンにも味あわせたいが為である。


渓流解禁まで、退屈しなくてすみそうだ!


リョウ@渓流ハンター











スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。