スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブライフ 【スレッジアックス補強2】

さて、昨年中に我が家の主力薪割り斧である【スレッジアックス】の
補強を行ったわけだが・・・・・【スレッジアックス補強】

スプリッティングアクスに慣れていないBraveMen’sが
ミスHITしたせいでガードが外れてしまった。(私も含む)

強力ボンドで接着した程度ではしかたがない。

そこでガードを柄の形に整えてから再接着、さらに紐で補強する事に。


F1000377.jpg 園芸用の麻紐を用意


F1000376.jpg まずは必要な分の紐の長さを図る。


F1000375.jpg 麻紐を水に浸します。

麻紐は水を吸うと伸びる。
こうする事で乾いた時に締り、よりキツク縛ることができるのだ。

バケツに入っているレンガは、おそらく二男のハルが入れたものだろう。
私が刃物を研ぐ前に砥石各種を水に浸すのを真似たと思われる。

レンガは十分すぎるほど水を吸っているが、取り出して放置して
置くと何を言われるかわからないのでとりあえず入れておこう。

F1000374.jpg

十分に水を吸わせたらキツク縛っていく。
ガードの周りには接着剤を塗り、紐が解れないように強化。

F1000373.jpg

巻き終わったら、さらに接着剤を隙間に流し込む。

F1000364.jpg 完成。

そんなに違和感ないでしょ??

これで簡単にはガードが外れる事はないであろう。

亀裂に打ち込んだ際に、薪と擦れて紐が切れるだろうが、
麻紐は3mで¥90円、痛くも痒くもない。


さて・・・・話は変わるが・・・・・・


F1000370.jpg

フルターフォッシュ、【トレイル】クラシックVer  
※柄長38cm

購入してしまいました!

昨年の秋遠征でシュウの同じクラシックシリーズの【ハンター】を使わせて
もらい、キンディングアックスが欲しくなってしまったのだ。

※商品名は行きつけの暖炉屋の古いパンフレットから。
 今ググってもHitしませんのであしからず。


恒例遠征のキャンプや焚きつけ作りに大活躍間違いなし!
焚きつけの大きさを自在にコントロールできるようになると、
料理における火力の上げ下げが容易になり、ダッチャーとしての
腕前も同時に向上するのである!!

パダワン達のアックススキルを磨かせるのにも最適なサイズだ。

F1000369.jpg

シュウのハンターやタクキョンのスカンジナビアフォレストクラスのキンディングアックス
だと、渓や林道を持ち歩くサイズではない。(柄長50cm以上の為)

だが私のトレイルやグレンスフォッシュのワイルドライフであれば
ヘッドカバーにベルト通し用のループが付いているので携帯に苦にならない。

F1000365.jpg #110との比較。

大きさも手ごろでパンフレットにもあるように「小さな森の冒険に出かけたくなる」

藪渓源流、渓流遡行においては「剣ナタ一本ですべてをこなす」技術を研磨して行くが、
海域キャンプや湖畔キャンプ、本流河原キャンプではBuck#110と
このクラシックトレイルのセット、そしてダッチオーブンで決まりだ!!

っても恐らく藪渓等に携帯して行ってもさほど苦にならないであろう。

F1000368.jpg 滑り止めテープ巻きました。

14年愛用している和斧(小)と大きさを比較するとほとんど同じ。
違うのは刃の形状とそれぞれ特化した用途だろう。

F1000367.jpg

刃厚を比べるとこの通り。

和斧が楔状のコンベックスグラインドに対し、トレイルアックスはホローグラインド。

薪割りも枝打ちも和斧が一番汎用的に使用できるが、ナイフ的な要素と立木、流木の切断などは
キンディングアックスが一番。薪割りはスプリッティングアックスが一番。(スレッジなど)

F1000366.jpg

プレス鍛造の量産品の倍以上の値が付くクラシックシリーズは、
その名の通り昔ながらの手打ち製法と研磨加工が施されている。

グレンス系との違いは刃の形状と柄の太さ。
グレンスフォッシュ系は顎が尖っているが、フルターフォッシュ系は丸みを帯びている。
柄はグレンスフォッシュ系に比べてフルターフォッシュのほうが太いのだ。

どちらが良いというのではないが、クラシックシリーズはグレンスとほぼ同等
かそれ以上の品質とコストパフォーマンスを秘めている。

F1000372.jpg

私の【トレイルアックス】と親父殿の【スレッジアックス】

柄の色が同じこげ茶色になるのはあっという間である事を宣言しておく。

共に末長く愛用し、私の孫の孫の孫の・・・・代まで大切に使っていきたい。



リョウ@渓流ハンター

スポンサーサイト

この記事へのコメント

: 2010/03/17 (水) 14:12:25

レンガウケたw
かわいいですな^^

この丸い楔、俺もパイプでも切って作ってみようかな。
普通のより効きそう。

リョウ : 2010/03/20 (土) 21:49:26

なんでも真似たがるお年頃ですな。

このクサビ、思ったより深いよ。
2cmくらいある。

今度写真送りますよ。

くまっち@ : 2010/03/22 (月) 22:56:14

私もファイバーとアルミでガードしてます。どうしてもヒットしますね。

リョウ : 2010/03/22 (月) 23:39:18

くまっちさん
どうしても当たってしまいますよね。
紐は予想通りすでにズタズタです。
ただ、ガードはしっかりついていますので
ガードの下部だけでも巻いておけばなんとかなりそうです。

同じフルターフォッシュユーザーとして今後もよろしくお願いいたします。

シュウ : 2010/03/26 (金) 16:48:58

>スプリッティングアクスに慣れていないBraveMen’s
俺も含む。まことすまぬ!
しかし、いい感じにカスタマイズ出来たね。見た目もかっこいいぞ。
トレイルアックスを見るのが楽しみだ。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。