FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年東古屋湖スーパーレインボートーナメント!

2010/4/4

栃木県は東古屋湖にて、今年もスーパーレインボートーナメント(春)が開催され、我々BHも参加して来ました。
参加メンバーは栃木より私・タク・タク父。長野よりGEN。山形より雄。埼玉よりアキが参戦。計6名でのエントリーとなる。

今回は大会参加後にキャンプ場にて一泊する事になっており、釣った魚も調理する。ヤシオマスの刺身は食えるのか?
jvm1019_20100409164542.jpg いつもながら寒い
AM5:30
大会恒例且つ今後の運命を握っているであろうボート抽選会(前回秋はアウト)が行われる・・・予定であったが、なんと今回はボート希望者の人数がボートの総数を下回っていた為、抽選無しで乗船出来る事となったのだ!実にありがたい・・・。

AM6:00
jvm1022_20100409164542.jpg 各員配置に着け!
そんなわけで、和船を2艘借り乗船。私・タク・タク父とGEN・雄・アキで分かれる。
jvm1023_20100409164542.jpg
jvm1029_20100409164542.jpg
タク父は餌で他はルアーをメインに攻めていく。開始から約30分で、早くも雄にヒットがあり、すぐさまファイトに発展!
jvm1038_20100409164655.jpg ものすごくあばれてます
秋にシャケを仕留めたロッドがかなりしなっており、大物の予感が。
ボート際まで寄せると魚影が見えてきた。でかい!
横ではGENがタモをスタンバイ。取り込みは緊張の連続だ。
jvm1040_20100409164655.jpg Nice work!!
無事取り込みに成功し、ヤシオマスを釣り上げた!かなりの大型で、60オーバーは確実であろう。きれいな魚体だ。

その後、それぞれ場所を変え釣りを続行。こちらの船ではしばらく何も無く、時間が無情に過ぎて行った。10:00頃に岸近くに移動しルアーを投げる。数分後タクにもヒットが発生し、ファイトとなった!
中々の大物の様で、ドラグがキリキリと鳴る。
jvm1043_20100409164655.jpg 頼むから回転すんな
無事釣り上げるも、余りにも暴れまくりの為、船上での撮影は危険と判断。50オーバー確実のヤシオマスである。ディープミノーでの釣果であった。網にルアーが絡まり外すのに一苦労・・・。
この時までタク父の餌釣りには反応がなかったが、タクの提案により奥ではなく岸側(増水している為、岸付近でもかなり深い)に餌を流してみると少ししてすぐさまウキに反応が見えた。
jvm1044_20100409164654.jpg
即座に合わせが決まり、レインボー30ぐらいを釣り上げる。その後もレインボーを2匹追加。更に最後の1匹はなんとサクラマス40オーバー!
合わせが決まった瞬間、延べ竿がグンと大きな弧を描きかなりの引きであった様だ。写真撮影を忘れていたのが悔やまれる。
また、遠く離れたGEN・雄・アキ組のボートが途中慌ただしい様子になっていた。合流が楽しみだ。

そうこうしているうちに、競技時間が終了。GEN・雄・アキ組はその後GENとアキがレインボー30ぐらいを釣り上げたようだ。途中GENが大物とのファイトになったようだが、10分程の死闘の末ボート下に潜られた際にラインが切られてしまったとのことだ。魚影は確認出来なかったとのことで、かなり悔しい思いをした様である。
jvm1000_20100416193254.jpg いい顔してんじゃね~か!
jvm1001_20100416193254.jpg 死闘中の1枚
AM11:30
いざ計量へ。既に多くの人が集まっており、その手にはヤシオマス(たまにサクラマス)が握られている。さて、我らBHの釣果は・・・。

PM1:30
参加者各位の計量が終わり、いよいよ表彰式&閉会式に。結果我々は以下の通りに。

雄・・・ヤシオマス 68.0cm 10位
タク・・・ヤシオマス 56.0cm 72位
タク父・・・サクラマス 41.2cm 136位
アキ・・・ニジマス 30.3cm 162位
GEN・・・ニジマス 29.5cm 167位 
シュウ・・・Bouzu

ついにBHメンバーが上位入賞を果たしました!素晴らしい!
各自、商品を受け取ることに。
jvm1046_20100409164654.jpg
jvm1048_20100409164654.jpg
jvm1049_20100409164823.jpg
jvm1050_20100409164823.jpg
jvm1051_20100409165526.jpg
jvm1052_20100409165526.jpg
jvm1053_20100409164822.jpg

そして集合写真。皆様良い仕事が出来たと思います。

タク父は明日仕事故、ここで帰宅。残りのメンバーで再度湖に繰り出すも、成果はなし。
ボートの制限時間が切れた後は、キャンプ場前にてGENとタクが丘からウェーディングにて釣りを続行。結果、
jvm1056_20100409164822.jpg いいサイズだ
jvm1055_20100409164822.jpg
GENがヤシオマス57cmを釣り上げてきた!お見事!初ヤシオマスで喜びも大きいようです。
jvm1063.jpg トップ3の雄姿

PM6:00
辺りも暗くなり、いよいよキャンプに突入。雲行きが怪しいと思っていた矢先に雨が降り出した。本来なら、たき火台で各種調理を行う予定であったが、天候悪化の為、キャンプ場のかまどを使うことになった。今回GENは日々激務の中での参加ということもあり、ゆっくりしてもらう方向で。
jvm1070.jpg
jvm1064.jpg
まずは各自マスを捌いていく。でかい上にぬめるので結構たいへんそうだ。
jvm1069.jpgあざやかで綺麗な身です
雄の釣り上げた68ヤシオのフィレ。でかいなぁ。そしてむちゃくちゃうまそう・・。
jvm1071.jpg醤油も少々
とにかく1品目。ヤシオマス中骨あぶり焼き(クレイジーソルト使用)。中骨に付いている肉が濃厚ですんげーうまいよ。久々のヤシオマスは旨いのぅ。
jvm1072_20100409165102.jpg
今回も各自食材を持ち込み、調理する方向だったのでこちらの仕込みも忙しい。写真はタクのローストビーフ(焼く前)
jvm1073_20100409165102.jpg
ヤシオマスで刺身も作りました。私とタクは何度も食べていますが、他メンバーはヤシオマスの刺身は初めてということであり、その味に感動。栃木で生まれたヤシオマスは県内での観光地で食べられる所もあるので、栃木にお越しの際は見かけたら是非食べてみて戴きたい。
jvm1079_20100409165102.jpg
今回私は汁物担当ということで、きのこ汁を作ることに。アキが鍋を管理してくれています。ご苦労様です。
jvm1086_20100409165102.jpg
出来あがり。なにげに寒いのであったかい汁物がありがたいよ。

あと、今回はヤシオマスを使って鱒寿司も作りました。何度か家で作ってきましたが、野外では初めての試み。ダッチオーブンで米を炊き酢飯を作る。旨く炊けてよかった。
jvm1089.jpg
jvm1091.jpg
塩&寿司酢で〆た鱒を小分けにして形を整えて・・・。
jvm1100.jpg
切り分けて完成!こちらも好評であった。多少手間はかかるが、出来あがりが良いと作った甲斐があるというものだ。
jvm1093.jpg
jvm1090.jpg シェフそのものだ
なお、30cmのニジマス達はタクの手によっておいしいムニエルに変身。いつもながら、我々には作れない精巧なソースを仕込む。「ソースブールノアゼット」という名前で、フランス語で「茶色のバター」という意味だそうです。さすがはワイルドシェフ。こんな手の込んだ料理は私にゃ出来ん!ソースに仕込まれたケッパーの風味がよいアクセントとなっています。
そして今回もまた、写真を撮る前に食ってしまうという不祥事。まこと申し訳ない。
jvm1101.jpg
ダッチオーブンのローストビーフも切り分けます。
jvm1104.jpgやっぱりうめぇ~
出来あがりです。ニンニクの香が食欲をそそる1品。ビールとの相性は抜群です。

そして、雄の作った料理は手間と時間をかけついに完成。
jvm1105.jpg ズギャ~ン!!
そう。スモークビーフとベーコンだ!
jvm1106.jpg むほぉっ!
長時間燻され見事な飴色に変身。か、かぶりつきたい・・・。いやね。すんげーいい香りなのよ。生唾もんです。私自身燻製の知識はほぼ無いのですが、このように仕上げるには仕込み段階での塩加減や燻す際の温度管理などにも気を配る必要があり、知識・技術共に高くないといけないだろうな。
jvm1083_20100409165102.jpg 職人の図
jvm1109.jpg
切り分けます。
jvm1108_20100409165335.jpg 赤身が素晴らしい・・・
綺麗な赤身だ・・・。もちろんそのままいけます。食ってみると、奥歯で噛みつぶした瞬間じゅわっとよい肉汁が口中に広がり、スモーキーなよい香りが鼻を抜けていく・・・。こ、これが本物の燻製か! 今まで食ってきた「燻製」と名の付く食いものは一体なんだったの?って気分です。感動の味だぁ。
まずは出来たてを戴いたが、時間がたち常温(むしろ冷えたくらいが良い)になるとよりおいしくなるとのこと。

各自の料理を食い、時間も遅くなった所でアキが帰宅。明日も仕事いうなかで御苦労であった!「飲めないのがつらい・・・」とぼやいていたが、今後は飲めるように時間がとれるといいなぁ。
GENも就寝し、私・タク・雄の3人で飲み再開。雄持参の赤ワインをスモークビーフを肴に飲む。ひんやりとしたビーフの味わいもより一層深まり、赤ワインとの相性も抜群である。是非ともまた作って下さいまし!
キャンプの夜は至福の時間。何物にも代えられぬ最高のひと時でありました。酒も回ったところで就寝。

翌朝。眼を覚ますと、小鳥のさえずりと日の光が優しくお出迎え・・・。だったらよかったんだけどねぇ。前日の雨がそのまま降り続けて、あいにくの雨音と薄暗い曇り空。とてもさわやななお目覚めとは言えんなぁ(そのくせ一番寝てた私)。しかも厄介なことに、テントの周りが湿地と化しており、シート代わりの旧寝袋は水浸し一歩手前。
外にでると、私以外の面々が朝食中。GENが「背中がつめてぇ」とぼやく(寝袋まで染みたな…)。
jvm1112.jpg
メインはきのこ汁に酢飯にならなかった米を入れた雑炊だ。
jvm1117_20100409165526.jpg
jvm1116_20100409165526.jpg 絵になるなぁ

また、昨夜出来あがったベーコンを雄が焼いてくれました。ちりちりと焼ける音とベーコンの香りが素晴らしい。今までで一番旨いベーコンだったと言えますよ。是非ともまた作っ(ry
jvm1113_20100409165334.jpg シンプルにして究極

ヤシオマスの切り身も焼いた。食いごたえ抜群でうまいのよ~。

楽しいキャンプだったが、テントの方を見ると少々鬱気味になる。この雨の中撤収作業かい・・・。各員苦労するも無事撤収完了し、温泉に直行。冷えた体に温泉が染みる。風呂上がりはノンアルコールビールで乾杯し各自解散となった。

今回の遠征では、若干1名を除いてしっかりとスコアを上げたこと・キャンプでの食事も各々の工夫も出来充実した内容であったと感じます。各自お疲れ様でした。また秋に会えることを願います。

個人的にリベンジに行かねば!

シュウ@水中カメラマン
スポンサーサイト

この記事へのコメント

: 2010/04/16 (金) 21:51:44

アップお疲れ様。
トラックバック貼っておいたよ~。

あれだね、船2艘だからカメラマンも2人いてよかったね。
ファイト中の写真重要。
あとヤシオさばくのと肉切るのは、やはりミラーのナイフがいいかもしれんと思った。
俺の7寸はあんまり意味なかった感じ;;

装備の手入れ大変だったでしょう。
翌日晴れたからいいものの、寝袋もびちゃびちゃだったし。

また近々皆で集まれるといいね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>ブレイブハート2010春遠征 in 東古屋湖スーパーレインボートラウトトーナメント! from 心の上澄み
2010/4/4に開催された、栃木県東古屋湖スーパーレインボートラウトトーナメントに参加してきました。 我らがブレイブハートからは、GENさん、タ... >>READ

2010.04.16

プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。