FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ沢登りでヘビイチゴ狩り

休日。

プチ沢登りに行ってきた。

いつも行く源流の入渓口付近であれば子連れで楽しむには最適な難易度。


DVC00315.jpg

渇水時も増水時も岩盤の上を水が流れる床滑りの渓なので、
フェルトソールでなくとも気軽に水遊びができる入渓点。

DVC00319.jpg


BHのパダワン(次世代の子供たち=弟子)は産まれた時から捕って食う!楽しむ!
の修業が始まっているので4歳にもなれば岩場や荒野でも対応できる柔軟な膝、バランス
を保つ足首が身につき始め、野山でも普通の子よりも動く事ができる。

渓や山を知らない素人の父親は真似をしてこんな所に連れていかないでくださいね。
※加えて我が家は妻が「そこそこ」慣れているのでなんとかなる。

雨の後の笹濁りで1日遅れで来れば爆釣モードだろう。

桑の実や山椒の実、ウド、ノビル、ヘビイチゴ、岩魚を獲って沢遊びを楽しんだ。

DVC00318.jpg


ヘビイチゴは帰宅後にジャムにして食べた。

ヘビイチゴは「毒イチゴ」などと呼ばれて嫌われているが、
毒は無く生食も可能。ただし、生で食べてもなんの味もせず不味い。

IMAGE003_20100620230816.jpg


そんなヘビイチゴもジャムにすると化ける。

と聞いてやってみた。

IMAGE001_20100620230816.jpg

砂糖をかけ、中火で火にかける。

ジュクジュクになってきたらヘラで潰してジャム状にしていく。



見た目は??だが、甘すぎず、独特の触感が何ともいえず美味なり。

無糖のヨーグルトにかけて食べたがクセになりそうである。

IMAGE004_20100620230831.jpg



リョウ@ワイルドキャンパー



スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。