FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年鮭釣り遠征in寒河江川

2010/10/31
jvm1000_20101109154052.jpg

1年ぶりにやってきました寒河江川。今年も調査捕獲員として遊びに作業しに来たわけです。
参加者は去年と同じく私シュウと雄の二人。去年、雄のオス74cmとの死闘を目の当たりにし、いつものロッドではきつかろうと思い、中古のシーバスロッド(9.6フィート@4,500円)を引っ提げ参上した。

この日は例の台風14号が山形に上陸する可能性もあった為、川の増水具合やそもそも開催出来るのかが分からず、かなり不安であった。幸い、台風は太平洋側にそれて決行されることとなったのだが、毎度毎度ヒヤヒヤさせないでほしいなぁ。
jvm1001_20101109154052.jpg

朝6:00になりいよいよ調査開始。我々は去年同様スプーン+タコベイトのタックルで攻める。当日は曇りであったが前日までの雨の影響もあり、少々増水気味である。そのせいか川を見渡しても去年の様に鮭がそこいらに見かけられるという感じではない。時折鮭の背中が見える程度で、鮭の数自体も少なめなのかもしれない。

jvm1002_20101217102050.jpg
開始から1時間程経過したところで、雄にヒット発生! 9フィートロッドが大きくしなり、ドラグが音を立てている。またしても大物が掛ったようで、背掛けになった模様。まさかとは思ったが、去年と同じようなファイトになっていった。川の流れを味方につけた鮭の勢いは凄まじく、あっという間に下っていく為、延べ竿士の方々に場所を譲ってもらいながら下る事に。ここまでなら去年と同様だが、鮭が支流に移動しようとした為に、こちらも川をまたがなければならず、キャッチするのが極めて困難な状況に。
jvm1004_20101109154052.jpg
鮭とファイトしつつ、川を横断する雄。かなり大変そうだが、苦労の甲斐あって岸に引きずり上げることに成功!
jvm1005_20101109154052.jpg
jvm1006_20101109154132.jpg
そしてこのオスである。去年のオスより明らかにでかいんではないかな?
予想通り背掛けになっていた様で、あの勢いも納得いくというものだ。例によってゴッツイ顔をしておる・・・。
jvm1007_20101109154132.jpg
鮭をストリンガーに通し(アゴがでか過ぎて通すのにも一苦労)元の釣り場よりは下に戻る。今回もファイトしながら40~50mぐらい移動させられたようだね。ビッグゲームにふさわしいパワーだのう。
jvm1008_20101109154132.jpg
この30分後ぐらいに再び雄にヒット! 同じくオスかつ背掛けになった模様。今回も移動しながらのファイトとなったが、先ほどの様に川を横断されてはかなわんということで、10mほど離れた所に私が先回りしキャッチ成功。何分でかいので、玉網に入れるのも難しいったらありゃしない。入った瞬間大暴れしてかなりあせりました・・・。
jvm1009_20101109154132.jpg
jvm1010_20101109154131.jpg
今回の鮭はこちら! サイズもさることながら、顔つきがヤバいなぁ。アゴのしゃくれ具合と牙がおっかないです。
jvm1011_20101109154131.jpg
二匹並べてみた。写真だとちょっと迫力が伝わりにくいかも。

順調に雄がスコアを伸ばす間、私はヒットこそあったものの、すぐバレてしまうのが1回のみ。雄もこの後は数回ヒットしたが、バレが続いていた。このままではまたもや坊主になってしまうなぁ・・・。
が、終了20分前でようやく私にヒットが! 今回は合わせも決まってしっかり乗った。ドラグがキリキリ音を立てているっ! 川下に向かって走っているが、本流に乗られる前に岸付近に寄せることが出来、無事に取り込めた。
jvm1012_20101109154237.jpg
メスでした! サイズは去年よりは小さめかな? しっかり口で食ったようですな。一度は背掛けのオスとファイトしてみたいね・・・。
jvm1013_20101109154236.jpg
このメスを釣り上げた所で終了を告げるアナウンスが入った。ほんとギリギリだ。
計測に向かう。ここで正式なサイズが測られるのだが、私はともかく雄の測定には思わず「ゑ?」と言いたくなるものであった。というのも、釣り上げた段階で雄手持ちのメジャーで測った時には、それぞれ79cm~は固かったのだが・・・。
測定の結果は以下の様に。
jvm1015_20101109154236.jpg
jvm1016_20101109154236.jpg
雄・・・オス74cm・77cm    シュウ・・・メス61cm

う~む。いくらなんでも6cmも見間違える(あるいは知縮む)ってのは流石にねぇ・・・。測定時に魚が斜めになってる状態で体長を読み上げられてた様だし。もう少しこう何というか・・・手心というか・・・。東古屋湖の大会みたいにきっちり測っていただきたい。とはいえ、本年度のレコード78cmには届かなかったものの、本日のレコード77cmをきっちり抑えたのだった。流石なり。
そういえば、今年は鮭の炉端焼き(?)を食いそびれてしまったな・・・。ちょっと残念だ。
jvm1017_20101109154236.jpg 今回の捕虜達

お昼過ぎ~
もう特に急ぎやることも無いので、昼飯&キャンプの買い出しに。寒河江市にあるチェリーランドにてドネルケバブを食うのが恒例になりつつありますなぁ。うまいのよあれ。
jvm1018_20101109154346.jpg
キャンプ場につきベース設営。今回は天気が不安定なこともあり、大型テントハウスの下に個人テントを立てることに。実の所、夜中にかなり雨が強くなったので非常に助かった。

今夜のメインは山形名物芋煮と釣った鮭でチャンチャン焼きを作る。というわけで、雄による芋煮講座開始。

芋煮~材料~
里芋(適量) 板こんにゃく(適量) 牛ばら肉(外国産は不可) ねぎ(適量)
jvm1020_20101109154346.jpg
まずは仕込から。里芋の皮むき及びこんにゃくを手でちぎる(ちぎるのがミソ)。
jvm1021_20101109154346.jpg
ねぎも斜め輪切り(?)にしておく。里芋は雄により前日掘り起こされた自家製です。
jvm1023_20101109154346.jpg
jvm1024_20101109154452.jpg
鍋に油を引き、牛肉を炒める。牛肉が芋煮の出汁となるので、可能であれば黒毛和牛辺りを使えるのが理想。最低限国産牛であるべきとのことです。
jvm1025_20101109154452.jpg
有る程度肉に火が通ったら、水を入れ煮る。
jvm1026_20101109154452.jpg
灰汁が出るのでとっていく。あくが少なくなってきたら、里芋とこんにゃくを投入。
jvm1027_20101109154452.jpg
里芋に火が通るまで、灰汁をとりつつ煮込む。里芋に火が通ったら醤油・日本酒・砂糖で味付けをする。
あとはことこと弱火で保存。ねぎはなるべく食べる直前に煮込み、しゃきしゃきを頂く。
jvm1028_20101109154452.jpg
以上が芋煮の作り方で、味付けは人それぞれになるようです。今度家でつくろう。
jvm1029_20101109154452.jpg
あとは鮭を捌いて
jvm1032_20101109154601.jpg
jvm1035_20101109154601.jpg
鮭の切り身の上に野菜をもり、味噌だれ(みそ・さとう・みりん)をかけて、火にかけます。
jvm1031_20101109154601.jpg
出来あがった芋煮。火が落ちて寒くなってきたので、あったかい汁物がありがたい。
jvm1033_20101109154601.jpg
いただきましょう。
去年食べさせてもらった芋煮も大変旨かったですが、今回もまた非常に旨いです。チャンチャン焼きの写真を撮り忘れてしまいましたが、上部が焦げたものの、中はいい感じでした。
jvm1030_20101109154601.jpg 中骨。塩降って焼いた。

腹も満たされた所で就寝。

~翌朝~
目を覚ますと何やらテント周りが賑やか。今朝はテントハウス周りで、ゲートボール大会が開催されるようでご年配の方が大勢いらっしゃった。とりあえずテントを撤収。我々のテントに興味があるようで、寒くないのかなど色々質問されました。けっこう快適なんですよ~。
jvm1036_20101109154601.jpg
jvm1037_20101109154616.jpg
朝食はウィナーパン(ウィンナーとパンそのまんま)と芋煮の残り。一晩たってよりうまくなった。
以上で今回も無事終了。最近スランプ続きでまたもや坊主になりかけたので、1匹釣れただけでも満足です。
来年こそはオスと戦えるといいな。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

リョウ : 2010/11/11 (木) 22:04:19

大型テントハウス!
こりゃ便利だね~・・・・・・こんなんキャンプじゃねぇ。

シュウ : 2010/11/18 (木) 19:17:47

>こんなんキャンプじゃねえ
ふごっ。ごもっとも過ぎてグゥの音もでませんな。何せ天気が不安だったのでのぅ。

: 2010/11/20 (土) 00:21:59

〉こんなんキャンプじゃねえ

まぁ、そんなんだけどw
でもテント張る前の段階で、もう地面が水を吸ったスポンジ状態だったんだよねぇ。
結局、深夜から強風と雨が凄くて、かなり助かった。

目の前にある屋根は、あえて無視できなかったよ(笑)

>シュウ
3枚目の画像リンク切れしとるよ。
あとウェーダーそろそろお願い、池のメンテに使うもんで。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。