スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東古屋湖スーパーレインボートーナメント!

2009/3/39 シュウ@鬼怒川ガイド見習い

先日より告知していた、東古屋湖スーパーレインボートーナメントに参加してきました。
今回参戦したのは俺・タク・長野よりGENさん。期待に胸が膨らみます。
本大会の参加にあたっては特別な手続きなどは必要無く、当日通常通りの釣り券を購入すればOKという、
気軽に参加可能なスタイルの模様。馴染みやすくてうれしいね。

当日夜中にGENさんと合流し移動開始。年に2回の大会の為、かなり混むだろうということで早めに出発し現地には朝方3時には到着したのだが・・・。予想以上の混み具合でした。既に駐車場はほぼ満杯である。

jvm1003.jpgなんですと~?

チケット販売所前は既に順番待ちの荷物でいっぱいいっぱい。我々も最後尾に荷物を置き、タックルの準備に取り掛かる。
5:10
チケット購入の為並ぶものの、参加者はかなり多い様で購入までにはかなり時間が掛かった。次はボートを借りるのだが、ここは運が絡んでくる。通常なら難なく借りられるボートも、今回は抽選となる。1順目は3人ともはずれ。2順目でなんとか当たりを引くことが出来た。準備は整ったのでいざ出陣。

jvm1005_20090331102127.jpg

いつものポイントに移動する。岸も水上も人がいっぱいだ。開始から1時間程した時、タクに初ヒット&ファイト!最初はそれほど引かなかったが、途中からグイグイ引き始める。

jvm1007_20090331102127.jpgでかいぞ!

掛かったのは大型のレインボーだ!すぐさまGENさんがタモをスタンバイし、取り込みに成功した。

jvm1010_20090331102127.jpgゲッツ!!

おお~ぅ。いいサイズのレインボーだ。体長に比べて腹がすげぇ!

jvm1011_20090331102127.jpg負けてられっかい

こちらも負けじとルアーをひたすら投げまくる。途中当たりのような物は感じたが、ファイトにはいたらず。そうこうしている内に再びタクがヒット&ファイト! 初っ端から先ほどのレインボー並みの暴れっぷり。期待できますぞ!

jvm1016_20090331102127.jpgサクラマスでした!

先ほどのレインボーよりもだいぶ小ぶりだが、ファイトはこっちのが面白かったそうな。確かになんか強そう。
この後も時間いっぱいまで頑張ったが、結果はタクが2匹という釣果に。くっそ~計量には参加できんかった・・・。

jvm1020.jpgいざ計測

エントリーできるのは各1匹まで。全長が基準となる。計ってもらうと「58cm!!」 リョウに並ぶBH東古屋最大記録だね。さあ、このレインボーはどこまで食い込めるのか! 周りの参加者の釣果もまた凄まじいものがある。タクの58もやはりでかいが、それ以上のレインボーも見ることが出来る。これだけの大物が至る所にいるのは凄いね。

jvm1021_20090331102336.jpg

計量の結果が出るまでしばらく時間があったので、丘釣りで最後のチャンスを待つものの、結果には至らず。無常にもここでタイムアップ。
いよいよ表彰式。1位は73.5cmという巨大レインボー。実物は見れなかったけど、そうとうゴツイんだろうな。2位 72.8cm 3位 72cm とこちらも70オーバー。恐れ入りました・・・。
さて、タクの結果は・・・・・。48位にランクイン!入賞しました!

jvm1024_20090331102337.jpgぐっじょぶ!

jvm1026.jpgうらやましひ

商品はカレンダー・ステッカー・ルアーセット。そして米5kg!! 素晴らしいのう。58cmが48位とは、実に凄まじい大会だ。
秋の大会では俺も入賞目指してリベンジするぞ。今回タクのヒットルアーは赤金スプーンだったが、周りの参加者も赤金色が多かった。入賞者のヒットルアーが分かればかなり参考になるのだが。

午後になり大会そのものは終了したが、時間いっぱいまで釣りを続けた。つれてない分悔しいので。

jvm1030_20090331102739.jpg寒い

午前中も寒かったが、午後になってからは風が常に吹き続けていた為非常に寒かった。もうすぐ4月だというのにまだまだ厳しい。残念ながら、この後は3人とも釣れることなく無念の終了となった。

夜。家に着き早速レインボーとサクラマスを解体。

jvm1031.jpg35.5cmでした

今日のところは、サクラマスは解体のみ。銀に輝く魚体がかっこいい。

jvm1038.jpgフクロナガサが光る

jvm1042.jpg身は白身とピンクの間くらい

十分食い応えのあるサイズだ。個人的に蒸し焼きにしてみたいな。

jvm1035.jpgふとっ!

続いてレインボー。タクの手と比較するとやっぱり太い。

jvm1045.jpgすんげー脂!

みよこの脂の乗り! この白いの全部脂肪である。腹パンパンな訳だわ・・・。

jvm1052.jpg身も凄いぞ

相変わらず美しい。まさにサーモンピンクだ。う・ま・そ・う。

jvm1056.jpg鱒寿司用

フィレにした鱒を塩で〆た後、酢でさらに〆る。

jvm1057.jpg一丁あがり

適度なサイズに切り分け、巣飯&ガリをトッピングして完成!

jvm1054.jpg刺身も作りました

こちらは色々な部分を集めた。赤身(?)・中トロ・大トロ・エンガワの盛り合わせ。大トロ部分の脂ののりが凄まじい。それではいただきましょう!
鱒寿司はやはりうまい。今回は1時間半ほど酢で〆たが、もう少し長い時間漬けておいたほうがうまいかもしれない。続いて刺身だが、結論から言えば「中トロ→赤身→エンガワ→大トロ」の順でうまかった。どの部位もうまいのだが、大トロは脂が多すぎかな。火を通す料理なら完璧だろう。中トロのバランスの取れた脂ののり具合は最強だね。あくまでも個人的な意見だから、人によってはまた違うかもしれない。

今回はタクのみが入賞という結果で終わったが、今後はBH参加メンバー全員が入賞出来るといいね。
次回東古屋湖での大会は秋。是非ともリベンジしたいものだ。



















スポンサーサイト

この記事へのコメント

リョウ@WildTroutist : 2009/04/01 (水) 00:05:25

まさにヤシオマスだね。
サーモンピンクの身は旨そうだ!!

湖の放流魚とはいえ、BH初のサクラマスは嬉しいね。

RAKKYO : 2009/04/24 (金) 23:40:11

うっまそおおおおおおおおおお~

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。