FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちが爆釣!! → ガーデンアウトドア

シュウが長野に遊びに来たので、子供たちを釣れて某支流のレインボー天国へ。

不覚にもカメラ、携帯を忘れたため現場での写真は無し・・・・・

F1000023.jpg 帰宅後、釣果を捌く。

ちなみに釣果は・・・・・・

私がレインボー3匹。
シュウがレインボー1匹。(毛バリによる初釣果! 白いカディス)
ユウがレインボー3匹。
ハルがレインボー2匹、岩魚1匹!!

F1000022.jpg

画像一番上のBIG1はハルが最初に釣りあげた個体で32・3cmはあった。

釣法はトラウトロッドやフライロッドにテンカラ鈎。
生カディスラーバ(クロカワムシ)やミミズを付けてプールに流す。

シュウは流れの緩い個所でカディスを流してGET!

F1000020.jpg

捌いたら塩を振って寝かせ、その間に炭を起こしておく。
炭に火が回ったら魚を網に乗せる。

F1000015.jpg

普通、塩焼きであれば串に刺して焼くのが一番だが、焼き枯らしにして頭ごと全部食べるのが我々流。

F1000014.jpg

時たま塩を振りかけながら全体の水気がなくなるまで丹念に焼いていく。

F1000010.jpg

焦りは禁物。塩焼きでの十分美味であるが、我が子らは頭事食べることを好む。

F1000013.jpg

ほとんどの個体は頭から食えるが流石に尺超えとなると時間がかかる。
尺超え個体は塩焼き状態で食べたがうまいか?と言われると疑問が残る味であった。(大味)

小さい個体から枯れていくので徐々にスペースが出来上がってくる。
そこで焼きおにぎりの投入だ。

F1000012.jpg

こちらも、ある程度焦げ目がつくまで丁寧に焼いていく。
焦げ目がついたら醤油を塗り、さらに焼く。

F1000009.jpg

ここで大事なのは子供たちにもいろいろやらせる事だ。
捌くのはさすがにまだ早いが焼き具合を見たり塩を振ったりなら子供でもできる。

F1000008.jpg

こんがり焼けたら完成!!

もう少し暖かくなればダッチオーブンなどでいろいろ楽しめるが長野の春は他の冬より寒い。
大人だけであれば季節問わずできるが、子供もとなると厳しい。
GW明けくらいから本格的にガーデンアウトドアにも力を入れていきたい。










スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。