FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009夏遠征! 09/06/17~06/19

いよいよ夏遠征である!

今遠征は長野より私、GEN。栃木よりタク、シュウ。

埼玉よりタケ、群馬よりリフ。

山形よりナイフメーカー「雄」が初参加!!(NEWMember)


17勤務終了後、各支部毎に柏崎に集合!

我々長野班は19時にタケと合流し、20時に長野を発った。

途中ラーメンで鋭気を養いつつ第2の故郷、柏崎を目指す。

栃木支部は21:27分にタクより

「発つ!!」との気合いの入った連絡が入り出発。
群馬のリフと合流して柏崎を目指す。

一足先に現地入りしている雄より入電(メール)
18時より狩り開始!! まずはキス狩りだ!!

20時にはセイゴゲッツ!という幸先の良い知らせが入る。

200906172007000.jpg

寸足らずだが食うには手頃なサイズ!

着く前からテンションが上がるってもんだ!

鵜川河口駐車場にて合流!

さっそく祝いの祝杯をあげ、釣りを開始!

リョウ&タケ・・・ルアーチーム。
GEN&雄・・・・・チーム投げ。


が、潮が悪いのか当たりがない。

ヤイヤイやっているうちに栃木群馬も到着!
本日2度目の祝杯をあげる!

IMAGE001_20090629211828.jpg

久々の海で皆テンションが高い!
前日の疲れが残っている事など誰一人として微塵も見せない。




投げチームはキスがちょこちょこ当たりスコアを上げる。
jvm1006_20090708232903.jpg

IMAGE002_20090629211829.jpg

ルアーチームは沈黙が続く。

当たりはある!
が、ワームの尾が食いちぎられていたりコツンっと小さく当たる。

乗らない。

ビールのおかげでテンションは異様に高いが、そろそろ野郎ども
のシビレが切れる頃だ。

場所の移動を検討しようかと思ったその時!

キターーーーーーーーー!と気合がこだまする!

IMAGE003_20090629211829.jpg

タケがムラソイの約25のムラソイをGET!!!
カサゴではなくムラソイの25なのでデカイ部類に入る。

これでルアーチームのテンションが上がったが、大して楽しい出来事もなく
明け方を迎えた。

蟹網を回収すると藻屑蟹がかかっていた。

jvm1007_20090708232904.jpg


歩いて車まで戻る途中にもBHのイーグルアイ、GENとタクが藻屑蟹を2匹発見!
自称、BHNO1の手網の技を誇る私が捕獲、1匹は無念のバラし。



釣り具やで情報を集め、コンビニで朝食を済ませて磯に移動。

潜り組2名、他は全員アングラー。

小雨が気になったが気にしない。

IMAGE005_20090629211829.jpg
【磯師:雄】

投げサビキを投入。

私はワームでテトラ帯を探るが・・・・・・さっそく根がかり。

ジグヘッドを海の藻屑にするのは嫌なので、潜り組のタクに回収を願う。

ラインをたどり、根掛った付近を探るタク・・・・・

すると水面に顔を出し、巻け巻けとジェスチャーしている。

根か海藻から外してくれたのだと思い巻くがまだ抵抗がある。

外してないのか??と思いながら巻いていると、「カサゴが食ってんだよ!」と
タクが叫ぶ!どうやらアタリが分からず、根に潜られていたために根がかり
と勘違いしたようだ。



IMAGE007_20090629211829.jpgカサゴ約15cm。

味噌汁サイズだ!と喜んでいると「蟹網に使うからちょうだい」とタクに強奪される。

その後はフグばかりが投げサビキにかかり、嫌気がさして投げ竿は放置。

ルアーで攻めるもやはりフグにワームを食いちぎられて帰ってくるのでしばし休憩。

ふと、磯場に目を向けると・・・・・

IMAGE009_20090629211829.jpg

最強の味噌汁の具、カメノテを発見!

カメノテは貝に見えるが実は甲殻類だ。味噌汁の出汁にすると
濃厚なエビ汁の味噌汁ができあがる。

さっそく釣り竿を放りだしてカメノテ採集に励む。

するとシュウが上がってきた。

スコアを確認しに行くと、BH始まって以来の大タコを捕獲しているではないか!

IMAGE010_20090629212033.jpg

これで今夜の蛸サザエ飯はバッチリだ!!

タクのほうは不発。

雄はアブラコ(クジメ)などを定期的に釣りあげている。

今夜のおかずには困ることはなさそうだ。

私もここで1ダイブしたものの、チャンスを物にできず坊主に終わる。

テトラ周りでアジを大量に釣りあげて場所移動。
最大で25cmクラスが回ってきたが無念のバラし。

IMAGE011_20090629212034.jpg

本日のベースキャンプへ移動。

私はもう本日の漁は終了。

ベース作りという名の昼寝を決め込む。
IMAGE012_20090629212034.jpg

野郎共(雄を除く)は元気に海へ!
IMAGE014_20090629212034.jpg

大物を期待するぞ~!と送りだして寝に入る。
昼寝は日頃の激務を癒す最高の過ごし方の一つだ。

しばらくすると浜のほうで何やらヤイヤイ騒いでいる!

何事かと見に行くと・・・・・・・・・79cmの鱸だ!!

IMAGE015_20090629212034.jpg

岩陰で昼寝していた所をタクがブスり。

IMAGE016_20090708215724.jpg

BHとしての鱸記録更新とともにタクの初鱸だ!

ほかの皆はオカズサイズのアイナメなどを捕獲してきていた。

IMAGE026.jpg

夕飯には十分な獲物を捕獲できたのでみんなで腸出しタイム。

おのおの自分の愛刀で魚を捌いていく。

IMAGE023.jpg

IMAGE020_20090629212310.jpg


途中、タクが鱸を捌いているのを羨ましそうに見ていると、

「捌くかい??」との一声。

即答で「捌く!!」と応答!!


大物を上げて羨ましいのも当然あるが、大物を捌く事のほうが羨ましい!

久々の大物の解体だ!!腕がなるぜ!!!

タクの叉鬼山刀を受取り、3枚に下ろしていく。
が、片刃に慣れていないためどうもやりにくい。

愛刀の関 兼常に持ちかえ、背包丁を入れて下ろしていく。

IMAGE033.jpg

カマ焼き用に頭を切り離して捌く!
やはり大物を捌くのは楽しいね!岩魚だと1匹1分もかからないので
つまらんが、大物の解体は自分のスキルを試す絶好の機会だ!

捌くのが嫌だという奴はBHには要りませんねハイ。

捌いたら今度は仕込タイムだ!!


食材を仕込むのも大事だが料理の為の火がなければ話にならない!

みんなで浜から流木を担いできてストックする。
それをグレンスフォッシュ:スカンジナビアフォレスト、

jvm1044.jpg リフ

フルターフォッシュ:カーペンターオールラウンドでバラす。
jvm1033.jpg タケ



~~~~~ 本日のメニュー ~~~~~

白身魚の塩焼き・・・・担当特になし(鱸の中落ち、アイナメ、キュウセン、カサゴ等)
カメノテとカサゴの味噌汁・・・担当リョウ(ダッチオーブン裏のクッカーがそれ)

メバルの潮汁・・・・担当GEN
IMAGE040.jpg
GEN愛用のダッチオーブンで調理。

鮮魚の刺身・・・・担当 雄
jvm1037.jpg



刺身に欠かせない山葵(わさび)は当然だが天然の採取物だ。
長野県某所の藪源流域の山葵を私(リョウ)が前々日に採取してきたのだ。
F1000158.jpg




魚介の酒蒸し・・・・担当リョウ(柏崎産アサリ・ガザミ・サザエを使用)
IMAGE041.jpg魚貝を仕込む
オヤジ殿のロッジ10インチを使用。



メバルの潮汁で炊き上げるタコサザエ飯・・・担当シュウ
IMAGE042.jpgタコ、サザエの剥き身仕込み完了
我が家自慢のブラックポッドにて炊き上げる。



鱸のポワレ、バターレモンソースを添えて・・・担当タク
jvm1079.jpg



白身魚のホイル蒸し、キノコ添え・・・担当シュウ
jvm1073.jpg



野菜のロースト・・・担当リョウ
jvm1086.jpg




潮汁を蛸サザエ飯に仕込んで火にかける(下段のダッチオーブン)
その上に魚介の酒蒸し。十分にダッチオーブンをプレヒートし・・・・・

鉄の城の「シロウさん」にいただいた
日本酒を使用してアサリ、サザエ、ガザミを蒸し上げるのだ!

IMAGE048.jpg
IMAGE047_20090629212441.jpg

日本酒を注いだらすぐに蓋をし、炭火を載せて潮汁を載せる。
ダッチオーブンならではの3段重ね調法だ!!

IMAGE049_20090629212554.jpg

料理が進むとともに酒も進む!!
久々のキャンプは最高だ!


やはりBrave-Heart=キャンプ


これだけはやめられんね!!

火にかけて20分!そろそろいいだろう!

IMAGE050_20090629212554.jpg oh! good!

酒蒸しはいい具合に蒸されている!
うま味が凝縮されたスープは最高だ!!

さてさて、タコサザエ飯は・・・・・・・・・
IMAGE052.jpggood!!

本日何度目の乾杯か忘れたが乾杯!!

久々に仲間で集まり、皆で獲物を捕らえ、皆で捌いて皆で料理。

皆で呑んで食えばあっと言う間に楽しい刻がすぎてしまう・・・・

jvm1065.jpg


IMAGE046.jpg

飯をたいらげ、魚介の酒蒸しにむしゃぶりつき、鱸のポワレを食べる頃には
全員すっかり出来上がっていた。

時間は23時。前日からほとんど眠っていない。

となると、メンバーの一人や二人がそろそろ奈良ってきたり鎌倉って
きたりするのも当然である。
IMAGE056.jpg
ワインをラッパ飲みする男もいる。


IMAGE053.jpg


食い物がなくなると適当に焼き、久々の再会の夜は更けてゆく・・・・

アメリカンキャンプの定番であるマシュマロを焼き、各々自分のテントへ
と潜りこんでゆく・・・・・・

IMAGE059.jpg



翌朝、目が覚めると当日午後より仕事であるリフはすでに発っていた。
なんという強行!!だが、私やGENも、昔はキャンプ明け~夜勤入りが
当り前であったのだ!BHの20代はこうでなくてはなるまい!

すでにGENが火を起こし潮汁を温め、焼きものを作り上げていた。
IMAGE060.jpg

ならばと私は残りの米を集め、炊き上げ作業に。

IMAGE063.jpg

余った魚は当然焼く。
鱸の頭を待ってましたとばかりに焼き網に乗せる。

IMAGE074.jpg

昨晩の潮汁に味噌を加え前日に捕らえた藻屑蟹や小魚を
鍋に放り込みをアツアツの磯鍋を作る。

IMAGE072.jpg


誰が何を言わずとも、各自か勝手に自分の役割を全うして朝食を作り上げていく・・・・・

最後まで寝ていた栃木組二人を除いては!

栃木二人は昨日昼寝をしていないゆえ、当然といえば当然である。
家で待つ次世代の坊主どものためにも帰りの運転のためにも、
よく寝てもらわねば困るというものだ。

鱸の頭焼きはカマの部分が絶品であり、競って味わい尽くした。

撤収作業を行い、本日のポイントへ移動。

作業中、地元のおっちゃんと話していると知人名前が出てきた。



さて、今回の目的は先日生まれたばかりであるタクの次男の祝いの真鯛
捕獲がメインミッションである。

と言う事で私もGENも真鯛の目撃率が一番高いポイントへと移動。

IMAGE087.jpg

タケと雄を除いた4人は潜ってみるも、大物は上がらず。

IMAGE079.jpg
IMAGE080.jpg

釣り組はイソメでチョコチョコと小物を上げていく。
IMAGE088.jpg

が、今日は最終日なのですべてリリース・・・・・・・・


最後に定番のラーメン屋で腹ごしらえをし、各々帰路についた。

IMAGE089.jpg


今年も楽しい夏遠征が終わってしまった・・・・・



次に集まれるのは秋遠征の東小屋(予定)だ!!

それまで、各々自分のスタイルに法った個人活動を行い、
秋の遠征に備えて欲しい。


BHチームリーダー@トラウトハンター@リョウ 絵文字名を入力してください
スポンサーサイト

この記事へのコメント

: 2009/07/09 (木) 00:42:35

楽しかったです、もうむちゃくちゃたのしかったです。
次回が待ち遠しい・・・。
俺は海で潜りができないのであれですが、東小屋ではでかいの釣りまくりますよ!
スモーカーと熱源とチップも持参予定です。

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>ブレイブハート2009夏遠征! from 心の上澄み
アウトドアチーム「ブレイブハート」の夏遠征に参加してきました。 僕は今回初参加です。 初日、新潟県某所で集合。 僕は先行して釣りを... >>READ

2009.07.25

プロフィール

Brave'mens

Author:Brave'mens
「渓流&魚突き」キャンピングチーム『Brave-Heart』に所属する、レギュラーメンバーによる個々の活動別日誌、遠征記録、雑記などを掲載していきます。


★Brave'Mens
大人:11名
小人:4名

≪ 主な活動域(ホームエリア) ≫
<信州エリア>
佐久漁協圏千曲川水系の源流~本流。
群馬県、野反湖。

<栃木エリア>
鬼怒川漁協圏鬼怒川水系の渓流。
東湖湖、中禅寺湖。

<海域エリア>
新潟沿岸・神奈川沿岸。
磯(魚突き)、防波堤(釣り)、
しおひがり、磯遊び

渓流・海域それぞれの活動記録は
カテゴリーより各日記をご覧ください。


皆様のコメントお待ちしています!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。